blog - kuhaさんのエントリ

Appleの公式サイトによると、以下の状況下では、セキュリティ強化のため、パスコード入力による本人確認が必要になります。

「先進の Face ID テクノロジーについて」
https://support.apple.com/ja-jp/HT208108


・デバイスの電源を入れた直後や再起動したとき。
・デバイスが 48 時間以上ロック解除されていないとき。
・デバイスのロック解除に過去 6 日半パスコードが使われておらず、過去 4 時間に Face ID でデバイスのロックを解除していないとき。
・デバイスでリモートのロックコマンドを受信したとき。
・顔認証に 5 回失敗した後。
・音量ボタンのどちらかとサイドボタンを同時に 2 秒間長押しして電源オフ・緊急 SOS を作動させた後。


以下の状況下では、Touch ID を使う代わりにパスコードまたは Apple ID の入力が必要になることがあります。

・デバイスを再起動した直後
・指紋が 5 回続けて認識されなかった場合
・デバイスのロックを 48 時間以上解除していない場合
・指紋を登録または削除した直後
・「設定」メニューで「Touch ID とパスコード」を開くとき
・緊急 SOS を使ったとき
1.場所
 学生食堂:2号館地下1階
 軽食販売コーナー:3号館1階
 生協購買部:2号館1階

2.ガイダンス期間(4月4日、5日、8日、9日、11日)営業時間
 学生食堂 11:30~14:00 <限定メニュー>
 軽食販売コーナー 11:30~14:00
 大学生協購買部 11:30~13:30

3.通常営業期間
 学生食堂 11:30~17:00(ランチタイム11:30~14:00)
 軽食販売コーナー 11:30~17:00
 生協購買部 10:30~17:00

Too many notes !

カテゴリ : 
フリー
執筆 : 
kuha 2018-12-07 08:34
映画アマデウスでの一場面

モーツァルトが新作のオペラを発表した直後の皇帝とモーツァルトの会話。
皇帝や宮廷音楽家に

Too many notes !

と評された。天才モーツァルトの新しい音楽に皇帝や宮廷音楽家はついていけなかったのでしょう。納得のいかないモーツァルトは、

There are just as many notes, Majesty, as are required. Neither more nor less.

と返答する。モーツァルトにとって、無駄な音符は一つもないということ。
モノづくりにとても大切な考え方を教えてくれる。

YouTubeの動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=H6_eqxh-Qok

以下の、前後の会話の抜粋です。

EMPEROR: Well, Herr Mozart! A good effort. Decidedly that. An excellent effort! You've shown us something quite new today.

MOZART: It is new, it is, isn't it, Sire ?

EMPEROR: Yes, indeed.

MOZART: So then you like it? You really like it, Your Majesty ?

EMPEROR: Of course I do. It's very good. Of course now and then - just now and then - it gets a touch elaborate.

MOZART: What do you mean, Sire ?

EMPEROR: Well, I mean occasionally it seems to have, how shall one say ? How shall one say, Director ?

ORSINI-ROSENBERG: Too many notes, Your Majesty ?

EMPEROR: Exactly. Very well put. Too many notes.

MOZART: I don't understand. There are just as many notes, Majesty, as are required. Neither more nor less.

EMPEROR: My dear fellow, there are in fact only so many notes the ear can hear in the course of an evening. I think I'm right in saying that, aren't I, Court Composer ?

SALIERI: Yes! yes! er, on the whole, yes, Majesty.

MOZART: But this is absurd !

EMPEROR: My dear, young man, don't take it too hard. Your work is ingenious. It's quality work. And there are simply too many notes, that's all. Cut a few and it will be perfect.

MOZART: Which few did you have in mind, Majesty ?

EMPEROR: Well. There it is.
ニューラルネットワークを深層化したディープラーニングを使用して、動画をアーティストが描いた絵画風に変換してみました。


箱根にあるとある水車小屋
https://youtu.be/3MwTQJrDCeo

ゴッホやムンクの絵画が動いているようで、面白い。

ローマの休日
https://youtu.be/F5RTxOr0_Cw

様々な名場面が絵画のように描かれているところがいい。

画家は自身の目で見たモノを独自の感性によって絵画として表現します。それは言葉で説明できるものではなく、画家が探求してきたユニークな感性が反映されています。これらの動画は、ディープラーニングという人工知能を用いて、映像を個性あふれる多様なアーティストの画風で描画しています。この画風変換は、物体認識を学習した畳み込みニューラルネットワークによって実現されています。学習に使用した作品は、古代のエジプトの壁画をはじめとして、ダビンチ、ゴッホ、ルノワール、ムンク、ピカソ、マチス、モンドリアン、写楽、北斎などです。
サウンド演習を担当してくださっているぺぺろんPこと非常勤講師の小澤慎吾先生が、「誰でもわかるコード理論・音楽理論のチャンネル」というYouTubeチャンネルを開設しました。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLeHRa-xAEiYRpSdsxpdmr9SQqEw5jw-jX

授業で扱っている音楽理論がよくまとまっていますので、予習・復習に便利です。
BLACK ALBUM 2, Daisuke Kurosawa Solo 2nd Album

サウンド演習IAの非常勤講師の黒沢ダイスケ先生が、5年ぶりにソロアルバムをリリースします。インタラクティブメディア学科の1期生でもある黒沢ダイスケ先生は、元コナミの96ちゃんこと、人気音楽ゲームのコンポーザーかつギタリストとして、活躍中です。

セカンドとなる今回のソロアルバムの収録曲は、
「R.I.」(太鼓の達人収録曲)
「Phantom Razor」(Cytus II収録曲)
「INSPION」(両タイトル収録曲)
「D.N.A.」のリメイク
など、ギター・インストゥルメンタル11曲。

ちなみに、D.N.Aは彼が在学中3年生の時の作品で、2003年 Dream Theater Official Songwriting Contest 2位 受賞楽曲です。

発売予定は8月8日です。(現在、予約受付中)

アルバム特設サイトのURL
http://kuro-music.com/blackalbum2/

Mac OS上のPd (Pure Data)でMIDIを使う場合

カテゴリ : 
フリー
執筆 : 
kuha 2018-03-02 17:59
Pd (Pure Data)はMax/MSPと同じことができるフリーソフトで世界中のサウンドクリエイターに使われています。

Mac OS上のPdでMIDIを使用するには、いくつかの準備が必要です。

1) Audio MIDIの設定
Launcherの「その他」のグループにあるAudio MIDI設定を開く。
ウィンドウメニューから「MIDIスタジオを表示」を選ぶ。
「IACドライバ」を開く。
ポート名を半角英字で追加する。日本語の「バス1」は削除する。
 例 Bus1
「装置はオンライン」にチェックを入れる。

2) Garage Bandを起動
空のプロジェクトを作成する。
トラックのタイプをソフトウェア音源にする。

これで,MIDIで音が鳴ります。
MacOSにはMIDI音源がなくなったので,GarageBandにMIDIシーケンスを送って鳴らすのですね。

なお,Pdは、Maxに比べてグラフィカルなインターフェイスが少ないので、matrixcntlもksliderもありません。

2017年度卒業生へ祝辞

カテゴリ : 
フリー
執筆 : 
kuha 2018-03-02 10:30
ナカモト・サトシを知っているだろうか?ビットコインを発明した謎の人物である。彼は仮想通貨に関する論文をいきなりインターネット上に公開した。グリゴリー・ペレルマンや望月新一は数学の難問の解法を専門誌ではなく,インターネットで公開した。権威ある学会誌は査読など面倒で時間がかかるのに対して,インターネットは自分の成果をいとも簡単に世界中に発信できる。最近の研究者の流行でもあるこの傾向は今後も加速することは間違いない。今は既存の価値観が次々と覆される時代で,巨大な恐竜のごとく動きの鈍い大企業は凍死し,意思決定の速いベンチャーが繁栄する。イーロン・マスクのスペースXはNASAよりも巨大なロケットを打ち上げたのだ。こんな時代に社会に出るとは何てエキサイティングなのだろう。

茂木健一郎氏の特別講義

カテゴリ : 
フリー
執筆 : 
kuha 2017-12-21 09:48
講義のメモです。

Pharrell Williams - Happy
Harajuku
https://www.youtube.com/watch?v=VT_G-ZLaWFQ
Pharrell Williamsが自由に使っていいといった音楽でいろんなバージョンの動画が作られている。

Serendipity:
イギリスの小説家ホレス・ウォルポールが1754年に生み出した造語。
『セレンディップの3人の王子(The Three Princes of Serendip)』という童話にちなんだものである。セレンディップとはセイロン島、現在のスリランカのことであるから、、題名は「スリランカの3人の王子」という意味。

Weak Tie
最も遠い友人関係との交友からイノベーションが始まりやすいという研究がある。

Spearman's "G Factors

Selective Attention Test
https://www.youtube.com/watch?v=vJG698U2Mvo

How IBM Watson learns
https://www.youtube.com/watch?v=ymUFadN_MO4
ワトソンはIBMの創始者。

D-Wave 2X quantum computer
https://www.youtube.com/watch?v=-LhPE6FpJYk

Boston Dynamics
SpotMini
https://www.youtube.com/watch?v=tf7IEVTDjng
New SpotMini
https://www.youtube.com/watch?v=kgaO45SyaO4
Handle
https://www.youtube.com/watch?v=-7xvqQeoA8c
Atlas
https://www.youtube.com/watch?v=fRj34o4hN4I

Teslaの自動運転のデモ動画
事故察知の能力
https://www.youtube.com/watch?v=DuIrjRAzNPQ
https://www.youtube.com/watch?v=--xITOqlBCM

thiel fellowship

LiDar
https://www.youtube.com/watch?v=EYbhNSUnIdU

Hyper Loop
https://www.youtube.com/watch?v=mK85--PpvAY
https://www.youtube.com/watch?v=Czrc1JfIBRw

Space X
Elon Musk
Most long distance trips less than 30 min, says Elon Musk
https://www.youtube.com/watch?v=xDEKjfnRhqQ
https://www.youtube.com/watch?v=0qo78R_yYFA


モチヅキシンイチ(望月新一)ABC予想
ナカモトサトシ(中本哲史)ビットコイン

紙飛行機でインタラクション

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
kuha 2017-09-25 07:10
2017年9月24日に厚木市依知南公民館で紙飛行機教室をやりました。

ロール、ピッチ、ヨーという3軸制御で、飛行機の飛び方がどのように変わるかを、紙飛行機の制作を通して、学んでもらいました。

作りを変えると、動きが変わるというインタラクションは、モノづくりの基本です。特に空を飛ぶ飛行機は、ちょっとした作りの違いが、飛行に大きく影響すること制作体験を通して学んでもらいました。

作った飛行機は、デルタ飛行機、三角フライヤー、トリックスターの3種類です。

デルタ飛行機は、細長い形で、スピードがあり、まっすぐ飛ぶタイプ。三角フライヤーは、胴体の長さに対して、広い面積の翼をもち、長い飛行時間でゆっくりと飛ぶタイプ。トリックスターは、中外り、旋回など、曲芸飛行をすつタイプ。それぞれ特徴があり、飛び方の違いが興味深いです。

参加者は小学生から大人まで幅広い年齢層でしたが、大人も子どもも、飛行機づくりと飛行実験の試行錯誤に熱中していました。



カレンダー
« « 2019 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
スポンサードリンク
検索

blogカテゴリ一覧

blogger一覧

blogアーカイブ