kuhaL@Bo Muslc Archive
MNG Project Since 2003

top > クラシック自分流アレンジ > データ詳細

著作者一覧

カテゴリ一覧

クラシック自分流アレンジ

平均律クラヴィア第1巻プレリュード第2番 ( Wohltemperierte Klavier 1 Praeludium 2 ) : J.バッハ   Johann,Sebastian,Bach ( 1685 - 1750 ドイツ)
T.エラ ,Takahito,Era, 2003 / 登録:2006-05-01 19:42:26, #52
, 総DL数 1910, コメント数 2

概要:
原曲楽譜には音符と調号以外には、一切の指示がありません。つまり演奏者の感性に任せて、テンポやエクスプレッションを決めてよいということです。また、右手メロディー・左手和音といったつくりではなく、何声ものメロディーが重層し変化していきます。各声部を歌い上げることで魅力がでる作品です。 選曲の理由として、有名なグノーの「アベ・マリア」のハ短調バージョン(バッハがつくったこの曲集の第1番ハ長調をアレンジしたもの)であると昔から思っていたからです。今回のアレンジでは、原曲の分散和音にメロディーを自分なりに感じ取って作り上げました。最後に、編曲しようと思ったきっかけである裏話をします。グノーがピアノを生徒に教えている際に、生徒が「分散和音ばかりでつまらない」と言い出しました。そこでグノー先生はバッハの魅力を伝えるために、分散和音に隠されているメロディーを生徒に歌って聞かせたそうです。

No ID contents author type byte upload date DL数 補足情報
1.Download 90 Instrumental T.エラ mp3 2.6M 2006-05-01 20:34:44 985 -
2.Download 89 SMF T.エラ MIDI 135K 2006-05-01 20:34:44 925 -

コンテンツを利用する際には,その旨を以下のフォームにお書き込みください。
ご利用規約はMNGライセンスまたはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのいずれかをご覧ください。
また,コメント,感想などもお気軽にお書き込みくだされば幸いです。
なお,コメントの削除は,書込んだ時点から2時間以内に同一端末から可能です。

名前(name):
メッセージ(message):
星(rate):

2 件のコメントがあります。

johnanz: 投稿日時:2021-11-09 16:34:19  #6313
zBLY0y https://pills2sale.com/#
投稿者:村山 投稿日時:2006-07-23 14:23:43  #144
たしかに、バッハの平均律曲集の奇数番は長調で
偶数番は短調だよね。いいアレンジです。ですが、グノーが声をメロデイにしたのは、鍵盤楽器
のメロデイはいまいちだからじゃないの?

MNGプロジェクトでは, コピーレフトとオープンソースの概念に基づいて作品の自由な使用を保障しています。
All Copyright Reserved by dual license of MNG License or Creative Commons License.

Creative Commons License

kuhaL@bo MNG project(contact us)
Last modified : 2020/04/17 13:41:08